engage your senses

ヒント10:インターネット上で情報を共有する際は注意する

عربى | Bahasa Indonesia简体中文 | Nederlands | Français | Deutsch | English
हिंदी | Magyar | 日本語 | Bahasa Melayu | Português | русский | Español


お時間をいただきありがとうございます。

これが最後のヒントです。このキャンペーンをお楽しみいただき、職場だけでなく、ご自宅でもお役に立てますと、まことに幸いです。これらのヒントは参照用にオンラインに掲載しておきます。

 

2018年12月15日までに、私たちのサイバーセキュリティアンケートに忘れずにご参加ください。.


 


あなたのご支援が必要です

5分お時間をください。
こちらをクリックし、サイバーセキュリティアンケートにご回答いただけますと幸いです


リスク

間違った受信者とドキュメントを共有すると、次のような深刻な結果を招く可能性があります:

 

  • それを必要としない相手に個人情報を開示したり、それを管理できなくなったり、さらに拡散される可能性があります(例:インターネット上に生まれたばかりの赤ちゃんの写真が公開される)
     
  • ジボダンの機密のビジネス情報を公開する(例:SlideShareなどのクラウドサービスを利用することで、あなたのプレゼンテーションを他人が使用できるようになります。一方で、間違ったアクセス権が付与されると、パブリックなソーシャルネットワークを使用して、ジボダンの内部情報が共有されます)
     
  • ソーシャルネットワーク上で問題のあるコンテンツを共有することで、あなたの評判やジボダンの評判を傷つける(例:ソーシャルネットワーク上で友人や同僚を批判する)

役に立つヒント

情報を共有するときは、それを本当に必要とする人にのみ常にアクセスを付与します。

最も慎重に扱うべき共有ドキュメントへのアクセスを定期的に確認し、不要なアクセスを削除します。


怖い統計

データ漏洩の主な原因は、顧客側の人的ミスです。

ワールド・レスリング・エンターテイメント(WWE)とベライゾン社は、偶然誤ってクラウドリポジトリを構成し、何百万人もの顧客の個人情報を公開してしまいました。

4年前、Amazonクラウドサーバーで、6件中1件が一般的にアクセス可能な状態になっており、1260億件以上のファイルが公開されました。またその多くに、機密情報が含まれていました。

 

[IDG Connect]