engage your senses

ヒント7:警戒を怠らず、疑わしい活動やメールは報告する

عربى | Bahasa Indonesia简体中文 | Nederlands | Français | Deutsch | English
हिंदी | Magyar | 日本語 | Bahasa Melayu | Português | русский | Español


 


あなたのご支援が必要です

5分お時間をください。
こちらをクリックし、サイバーセキュリティアンケートにご回答いただけますと幸いです


リスク

機密情報(クレジットカード番号、パスワード)や金銭を盗む最も頻繁な方法の1つは、要求が合法的であると信じさせて、犠牲者を騙すことです。

この種の典型的な攻撃はCEO詐欺と呼ばれます。これは、サイバー犯罪者がCEOや上級幹部になりすまして、すべきではないことを従業員にさせて、内部統制を迂回するように強制します。

このようなサイバー犯罪者は、よくジボダンITや他のサービスデスク組織からのものであるふりをして、自宅にいてもあなたを呼び出すことがあります。本当の問題を修正するのではなく、あなたのPCにマルウェアをインストールし、あなたからデータや金銭を奪ってしまいます。

役に立つヒント

知らない人や信頼していない人が、個人情報や機密情報を要求してきた場合、常に疑ってください。

少しでも疑いがある場合は、マネージャーや同僚と二重に確認してください。疑わしい人から電話がかかってきた場合、「後からかけ直すので電話番号を教えてください」と尋ねてください-こうすることで通常、相手は逃げ出します。

セキュリティポリシーを決して迂回しないでください。

疑わしい行動はすべて、ITサービスデスクまたはマネージャーに報告するか、メールしてください。


怖い統計

ドイツの複数の企業が、「CEO詐欺」と呼ばれる詐欺の組織犯罪に対して、何百万ユーロという金額を失いました。これは、幹部からの偽のメモを使って、会計担当者に資金を移転させるという詐欺です。

2017年に、25億件以上の機密のビジネス情報が盗難または洩らされたと報告されました。

技術サポート犠牲者の数は2017年に86%増加しました。

 

[Reuters] [Gemalto] [ZDnet]