engage your senses

ヒント5:ソースが信頼できないように見えるリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりしない

عربى | Bahasa Indonesia简体中文 | Nederlands | Français | Deutsch | English
हिंदी | Magyar | 日本語 | Bahasa Melayu | Português | русский | Español


あなたのご支援が必要です

5分お時間をください。こちらをクリックし、
サイバーセキュリティアンケートにご回答いただけますと幸いです

 

 


リスク

メール内のリンクや添付ファイルは、マルウェアに感染する可能性があります。そのようなマルウェアはあなたの端末に感染し、すべてのデータを破壊する可能性があります。

また、あなたを偵察し、機密データや金銭を盗むこともできます(eバンキングのアカウントなど)。

または、マルウェアは個人や企業のパスワードを盗みアカウントを偽装し、同僚や友人に迷惑メールを送信したり、マルウェアに感染させたりします。


役に立つヒント

メールに添付ファイルやリンクが埋め込まれている場合は、常に注意してください。送信者が顔見知りのように見えても、添付ファイルやリンクをクリックする前に必ずダブルチェックしてください。友人になりすますのは、ハッカーがあなたの端末にウイルスを注入するために使う強力な方法です。

信頼できるソースからのみファイルをダウンロードしてください。ハッカーは、正当なウェブサイトに見える(例:あなたの銀行のウェブサイトを装った)偽のウェブサイトに訪問するようにあなたを騙し、あなたの機密情報を盗み出すのが一般的です。

 

 

ブラウザのアドレスバーを見て、ウェブサイトが安全かどうか常に確認してください:
  

常に自分の端末を最新の状態に保ち、マルウェアが端末に感染した場合に情報を失う可能性を減らすために、定期的にバックアップを実行するようにしてください。


怖い統計

エンタープライズネットワークに対する全攻撃の95%は、スピアフィッシング(特定の個人や団体を狙う、経済的価値のある情報を奪う詐欺)が成功した結果です。

 

中規模企業に対するフィッシング攻撃の平均コストは160万ドルです。企業の76%が2017年にフィッシング攻撃の被害者となったことを報告しています。

フィッシングメッセージの30%がターゲットユーザーによって開かれ、それらのユーザーの12%が悪質な添付ファイルやリンクをクリックします。

 

[Wombat Security]